トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがってその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を手放すときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、契約を交わした相手の個人情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    中古車販売の営業さんの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に価格交渉するつもりで心の準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    実際に車を見て査定してもらう際に、必ずしも車で店舗まで行く必要はなく、自宅まで来てもらうという方法も選ぶことができます。

    買取を行っている店舗の多くは訪問査定には無料で対応してくれます。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    競争心が生じるわけですから、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    それは意思表示です。

    つまり、金額さえ満足なら即決してもいい位の雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンもこれからの販売見込みがほぼ本決まりとなるため、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉もスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまでいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から先を争って電話連絡が来ますから、気をつけてください。

    全社を指定してしまうと電話だけで大変です。

    全部が全部という訳ではありませんが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    一個人が持っている車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、わからないときには確定申告をするときに申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えて車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    でも、素人が傷を治そうとすると、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。