トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、嘘をついて査定に出したとしても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    ボディの傷などが軽くて、それに見合った修理がされているならば修理車とはならないケースもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    売却予定の車を査定に出したときに、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    何社か買い取りを依頼しても同様に査定額がつかないケースでも、廃車にすることを前提として買い取る業者にお願いする事が可能ですので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、大概の業者では、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、見積もり結果を出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の競争が生まれますから結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくその車が初めて登録された年数ですから気をつけてください。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、裏を返せば、買う人からすれば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、値段がつかないこともあります。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所と協議したほうがいいでしょう。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、業者が決まって売却するにあたっては、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、婚姻による氏の変更や住所地の変更などがあった時は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    車を売る気持ちが固まったら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっとそのままの値段で取り引きしてくれるのとは違います。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    査定金額を示されたときに売るかどうか判断に迷う場合にはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか充分に注意しておくようにしましょう。

    保証期間については交渉することもできますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には同時に買取の相場も高くなります。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積金額アップは望めなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通す必要はあまりないと言って良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。