トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取業者などが中古車の査定をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということがお分かりになるでしょう。

    中古車売買における車の査定基準というものは、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    この確認項目のうちで外装および内装は、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで査定額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、実際の査定金額を導き出します。

    オンラインの車一括査定サイトを使うときに注意すべき事のひとつに、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    数多ある中古車の見積もりを比べたときに、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在するときには何かおかしいと感じる癖を付けた方が良いかもしれません。

    取り引きを実際にする際、中古車買取の契約が先に済んでからあれこれ難癖を言われてしまい査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    業者が提示した買取額で了解し、あとは契約するだけとなったら、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから気をつけてください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、一概にこうだと言い切ることはできません。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、マイナス評価が入ることもあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取額の見積時にしっかり確認されます。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、言われて初めて気づくような薄いキズ等は所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    まずは一括査定サイトなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、業者が来て実車査定を行い、車の状態に応じた査定額が決まります。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    当然ですが車検切れの車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければさほどプラス査定にはならないのです。

    そうはいっても、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、行う必要性は全くないでしょう。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、実際の見積もりに出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、マイナス査定になることが多いのです。