トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に売却希望車を実際に見積もってもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、受け付けている買取業者は多いことでしょう。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、ほとんどの会社では、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で自然に価格競争が起きてきますのでこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    車買取の査定をするときに、カーナビ等のオプション品が付属していると査定にプラスされることが多いようです。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビ非搭載だと査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、先方からこちらへ出張してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    中古車買取業者のほとんどが契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、中古車を査定する際に業者が提示した価格にも必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者に確かめておいたほうが良いでしょう。

    期限は長くても10日から2週間位を見込んでおけば良いですが、ボーナス商戦や決算の時期などに当たるとさらに短くなることがほとんどです。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    車売却の時だけでなくて、印鑑証明書は車を買うときにも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対して自分自身で手続きをしてはじめて還付されます。

    自分の所有する自動車を売却しようと考えているときには、ぜひ丁寧に掃除してから査定に出すようにして下さい。

    きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

    1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

    もう一点は、内部に染みついた臭いを軽くする事ができるからです。

    ペット臭や煙草の臭いがする車は、その程度にもよりますが大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげればなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。