トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車を高値で売りたいならば、ひとつの店舗の査定だけで満足しないで複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    他社の見積金額を見せて交渉することで見積金額がアップすることは良くあることです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社はもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから注意するに越したことはないでしょう。

    所有する車を買取に出そうというときに最善の方法のひとつに、中古車の一括査定サイトの利用が選択肢としては有効です。

    たくさんの業者の査定額を比較できますから、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を調べ上げることが出来るのが良いところです。

    しかも、更にその車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でもその見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車という名称があり、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という名称で呼ばれ、査定金額がつかない場合も多いです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと家まで出向いて査定してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    本来の目的さえ満たすものなら、少なかろうと多かろうと実質変わらないということになります。

    自動車を売却してすぐその場でお金を受け取って帰りたいときには、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が上回るのであればすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    その一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをして還付されるものなのです。

    売却予定の車の現物査定は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    査定士に家に来られても問題がないようでしたら、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということでおすすめです。

    ひとつの店に持ち込むのと違って同時に複数の業者から査定を受けることができるので、同業他社と査定額を争うことになり、売却価格がアップするわけです。