トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを考案してリリースしていますが、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。

    この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定対象車の昔何か修理する必要に迫られたことがあったかが瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取専門業者と価格交渉をするときに重要なのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、チェック済みではないのならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります。

    そして、その中には、査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために連絡先は書くようですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    自分の車を査定してほしくても、業者のところに直接、車で行こうというのは無茶としか言いようがありません。

    複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    あえてメリットを挙げるならば、スピードです。

    現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    車の売却査定を依頼する際は特に用意するものはありませんが、業者が決まって売却するにあたっては、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、住所地の変更などがあった時は提出書類は増えます。

    売却の意思が堅いのでしたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売却(査定)業者を決める前に、書類を整えておく必要があります。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、事前にネットなどで調べておきましょう。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、引き取ってもらえなかった場合、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    廃車業者を利用するメリットは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、無償で車を処分してもらえるという点です。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。