トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取相場を検索して高く買い取ってくれる静岡県の車買取店に売りたい!」と思っているならこのページに掲載しているおすすめの廃車買取専門店をチェックしてみてください。

    廃車を高額買取してもらうために大事なことは「静岡県にある複数の廃車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    廃車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。静岡県にある複数の廃車買取業者からの査定額を比べることができるので、廃車(事故車)の買取相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、静岡県の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、静岡県に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「静岡県で廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら静岡県で廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者は静岡県にある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も静岡県のどこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので静岡県にも対応しています。提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた静岡県の業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合にはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    売却予定の車に傷などがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    自分でキズやへこみを直したといっても、個人で直すのにかかった経費より多くグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    たいていの場合、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定書がどうしても必要になった時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ査定を依頼する必要が生じます。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、査定してもらうには料金が必要です。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、さまざまな業者から電話がかかってきます。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    そういった中には断っても幾度となく電話してくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが賢い方法です。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売却(査定)業者を決める前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから事前にネットなどで調べておきましょう。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、中古車の価値を算定します。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、事故歴、修理歴、傷、故障、車の走行キロ数といったところです。

    査定のプロが見るのですから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくて辛い思いをするかも知れませんが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    大きな交渉事は焦らないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    市場で需要がアップするときには一緒に買取価格も上昇するからです。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。