トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却希望の車を見積もりする場合には、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。

    でも、新型の車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビゲーションシステムが付属していない場合には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、嘘をついて査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、それに相応しい修理が実施されているならば修理車とはならないケースもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    通常行われる手続きをせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    中古車売却のための一括見積りサイトが存在するように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    生命保険などと違い、自動車保険は戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、切り替えた方が得であるのは明らかです。

    自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比較できるというのはありがたいです。

    査定を受けないことには中古車の売却はできません。

    ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、訪問査定などを経て買取額が提示されます。

    満足のいく価格であれば、言われた書類を整え、売買契約に進みます。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといったプロセスがあり、それから本契約から約1週間程度で代金が支払われ、すべての売却手続が終わります。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、値段がつけられないと言われることも多いです。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    中古自走車を売却する際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、自分で手続きに行っても良いと思います。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、見積金額が高くなることが期待できます。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車を買うときにも提出が求められますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。