トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、担当する買取業者にもよるのですが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取ることができますが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでプレゼントが貰える場合があればぜひトライしてみましょう。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して買値に影響しないのが普通です。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    スタッドレスは高価ですが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には業者は通常のタイヤにつけかえてから販売する必要があります。

    結局、その手数料としてあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、書類を整えておく必要があります。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    実際に車を見て査定してもらう際に、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    思いつく限りの業者を当たってみても値段がつかないような時は、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    プロに頼む利点は、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、実際の見積もりに出す前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることが多いのです。

    最近販売されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものがほとんどです。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていても査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。